レンタカーを何故格安で借りる事が出来るのかを解説します

日常的に車を必要とする事が無くても、ちょっとした時にレンタカーを使う機会もあります。格安でレンタカーを借りる方法をご紹介しますので、必要な方は是非ご覧ください。少しでも安く借りるためには、端末機やパソコンから検索して格安の業者を検索します。ここで見落としがちなのが、その業者に車を取りに行くコストです。あまり遠い業者から借りようとすると、レンタル料金が格安でも交通料金込みだとかえって高くつく事もあります。レンタル会社が安く貸し出しができる仕組みは、中古車を安く仕入れ、メンテナンスも専用の技師を抱えていたりと対策を練っているのが理由です。この形式を取っている業者は、取り扱っている車種にばらつきがあるケースもあります。希望の車種やサイズが品薄だったり取り扱いが無かったりする場合もあるので、拘りがある場合は事前に店舗までご確認ください。

お財布にダメージを与えずレンタカーを借りる方法

人気のある業者やイベントや区切りの前後だと、レンタカーの貸し出しに制限がかかるケースがあります。その問題を防ぐには、必要だと分かった時点で予約を入れるのが格安で借りるコツです。業者によっては日帰りが安かったり借りるスパンで料金が違う事があるので、あらかじめ借りる期間の料金表確認が必要です。利用の日程と車種がレンタル可能な事を確認したら、予約ボタンを押す前に保険内容を確認して下さい。この保険内容というのが肝で、あまりに格安な業者だと、安さを重視して狭い範囲での補償しかしてくれない所もあります。万全を期す意味でも、もしものためにきちんとした加入が可能な業者選びが安心に繋がります。あと重要なのが、レンタル業者の営業時間です。営業時間外に返却しても受取人がいないので、翌日受け取りとなって超過料金が発生する事もあります。なるべく長い営業時間の業者がお勧めです。

実際に借りる際に注意すべきポイント

格安でレンタカーを借りる際には、守るべき注意事項があります。レンタカーに荷物を積み込みに帰る必要が無い人は、出かける前に忘れ物が無いかの再確認です。免許書不携帯になって問題を起こすと、莫大な慰謝料と罰則が付いてしまいます。レンタルする車を受け取ったら、改めて保険内容の確認です。どの範囲までの補償が受けられるかをチェックしてから出発します。走行中は安全運転で向かい、トラブルは極力避けて運転して下さい。レンタル期限が終わらないように注意し、問題が無いように車を返却します。返却のタイミングを誤ると追加料金が発生してしまう可能性があるので、何日の何時までに返却が必要かをきちんと確認する事も大切です。返却の際には、ガソリンを規定されている容量まで満たしてから返却します。補充しない場合にもガソリン料金を請求されるので、業者の近くのなるべく安いガソリンスタンドで給油を行うのがポイントです。