レンタカーを格安で借りる際に注意しなければならない事

車を所有していなくて旅行先などで一時的に借りたい場合、レンタカーを利用するのが便利です。レンタカー会社にもさまざまな種類があり、最近は格安で借りられるレンタカー会社も多くなってきています。格安で借りられるレンタカー会社は、ガソリンスタンドや自動車整備工場が拠点になっています。ガソリンスタンドや自動車整備工場は副業でレンタカーを行っています。車両は基本的に中古車が使われることが多く、整備や戦車も自動車工場が行うため、費用を抑えることができます。ガソリンスタンドでレンタカーを借りると、そのガソリンスタンドで満タンにして返却するように定められていることが多いため、給油でも儲けを上げることができます。格安レンタカーのシステムの特徴や気を付けるべき点について解説していきます。

格安のレンタカーにはどんな特徴があるのか

格安のレンタカーは、基本料金は安いのですが、カーナビがついていないのが一般的です。これらをオプションで付けると、決して安いとは言えません。大手のレンタカー会社の場合は、カーナビは標準装備されていますが、格安のレンタカー会社の場合、オプションでカーナビをつけると、12時間の料金が4000円ほどになり、大手のレンタカー会社の割引価格とあまり大きな差が無くなります。格安レンタカーを借りるのなら、カーナビは付けずにスマホのGPSを使用したカーナビ機能を使う方法がおすすめです。車の電源を利用できる充電器を持ち込めば、電池切れの心配をすることもありません。免責補償も格安レンタカーでは別料金となっており、1日あたり1000円程度という価格は、大手のレンタカー会社と大差ありません。

格安でレンタカーを借りる時の注意点

格安レンタカーは中古車が用いられている場合が多いです。中古車の状態は個々の車によってさまざまですので、中には新しいものもありますが、10万キロ以上走行している車両もあります。どんな車が来るか分からないので、格安レンタカーは車の状態をあまり気にしないという方に向いています。中古車を利用しているので、新車に比べて燃費が悪くなります。格安レンタカーを利用して長距離の移動をする場合は、ガソリン代が思いのほか高くなってしまう可能性があります。できれば短距離での移動にとどめておくのがおすすめです。レンタカーを返却する時間も大手のレンタカー会社と比べると厳格に決められており、少しでも遅れると延長料金を取られる可能性がありますので、時間に余裕をもって返却するようにしましょう。